白い歯で印象をアップさせましょう!~ホワイトニング~

歯を白く美しくするホワイトニング

お顔の中で表情の明るさや若々しさといった印象を左右するのが、実は、歯の白さです。しかし、人の歯はもともとの白さから、徐々に黄ばんでいきます。その原因の多くは、コーヒーや紅茶、赤ワインやカレーなどの色の濃い飲食物の摂取による着色。その他、喫煙による着色、加齢による変色などがあります。

欧米の歯科先進国では、口元の印象は非常に大切に考えられています。そのため、歯列矯正やホワイトニングといった処置を行うことはとても一般的。特に、お顔の第一印象が人物評価にもつながりかねないビジネスパーソンには、歯の見た目を改善するホワイトニングが積極的に活用されています。

当院では、薬剤を使ってご自身の歯の白さをよみがえらせるホワイトニングを行っています。営業や接客業など、お仕事でお客様への印象を大切にされる方におすすめの方法です。ホワイトニングに興味がありましたら、ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯科医院で施術を受けるオフィスホワイトニングと、ご自宅で好きな時間に取り組めるホームホワイトニングがあります。

手軽に希望の歯の白さにできる「オフィスホワイトニング」

オフィスホワイトニングでは、歯科医院で専門家の手によるクリーニングを受けたのち、歯の表面に比較的高濃度の薬剤を塗り、特殊な光を当てて、歯の色素を分解していきます。数回の施術で希望した歯の白さが手に入るため、大切なイベント(結婚式や就職活動など)がある前のご利用がおすすめです。ただし、手軽に白くできるぶん、後戻りが早いことが残念な点。ホームホワイトニングと組み合わせることで、この問題は解決できることがあります。

じっくり薬剤を浸透させて後戻りの少ない白さにする「ホームホワイトニング」

ホームホワイトニングは、お口に合わせて作ったマウスピースに比較的低濃度の薬剤を注入し、歯に一定時間装着することで、薬剤を浸透させて色素を分解する方法です。ご自宅でご自分の手によって、好きな時間に取り組むことができます。希望する白さになるまで数週間かかることもありますが、後戻りの少ない白さが手に入ります。

【ホワイトニングの注意点】

オフィス・ホーム共通

オフィス・ホーム共通

  • 効果には個人差があります
  • 虫歯や歯周病がある場合は、そちらの治療を優先します
  • 18歳未満の方、妊娠・授乳中の方には、ホワイトニングをおすすめしません
  • 詰め物・被せ物・差し歯などは白くすることができません
  • テトラサイクリンなどの抗生物質による変色は効果が期待できません
  • 施術期間中は歯が着色しやすいため、色の濃い飲食物の摂取や喫煙はお控えください

オフィスホワイトニングの注意点

  • 奥歯は白くすることができません
  • 知覚過敏などの症状が出ることがあります

ホームホワイトニングの注意点

  • マウスピース装着前には、しっかりデンタルケアをし、きれいにしておきましょう
  • マウスピース装着中は、飲食・喫煙ができません

天然歯ではなく詰め物・被せ物といった人工物を白くしたい方はこちら!

ページの上部に戻る