きれいな口元は歯並びから~矯正歯科~

歯並びのお悩みは矯正治療で解消しましょう

歯並びの乱れは見た目に悪いだけでなく、全身の健康へさまざまな影響を及ぼすことがあります。もし、歯並びの乱れが原因で次のようなお悩みを抱えているなら、矯正治療を検討したほうがよいかもしれません。

・食事のときにしっかり噛めていない感じがする
・ブラッシングがしづらく、虫歯や歯周病になりやすい
・歯の隙間から息漏れがあり、会話がスムーズにできない、滑舌が気になる
・歯並びの乱れを見られるのが嫌で、つい口元を隠してしまう
・歯の見た目がずっとコンプレックスだった

当院ではこのようなお悩みを矯正治療を通して解消し、日々の生活をより快適にするお手伝いをします。もし、これまで歯並びのことでお悩みだったなら、ぜひ専門家である私たちにご相談ください。

矯正治療のメリット

メリット1 お口のお手入れが楽になる

歯並びが整ってブラッシングがしっかりできるようになると、虫歯歯周病などのお口の病気予防が楽に行えるようになります。

メリット2 体が楽になる

咬み合わせ改善によって、体の歪みが原因の肩こりや頭痛といったお困りごとが解消されることもあります。それまでの不調から解放されて、体が楽になったとおっしゃる方もいらっしゃいます。

メリット3 気持ちが楽になる

口元、特に歯並びは自分でどうにもできない部分ですから、ストレスを感じながらも我慢されている方がいらっしゃいます。矯正治療で長年のお悩みを解決されて、ほっとされる方は少なくありません。

当てはまりませんか?悪い歯並びの例

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べ物がうまく噛めず、発音にも影響が出る。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 空隙歯列(くうげきしれつ)
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷ついたりしやすい。 歯と歯の間にすき間がある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすい。
叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がきれいに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く噛みこんだ歯が歯ぐきを傷つけやすいうえに、物を噛みづらい。場合によっては発音にも影響が出る。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多い。放っておくと噛む機能が低下し、顔がゆがむおそれがある。 奥歯を噛み合わせたときに上下の歯にすき間ができる状態。前歯で物を噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。

当院の取り扱い矯正装置のご紹介

メタルブラケット

もっとも一般的な矯正装置です。歯の表面にブラケットという金属製の装置を取りつけ、ワイヤーを通して、歯を少しずつ理想的な位置へ導きます。あらゆる症例に対応可能であること、ポピュラーな装置のため比較的安価であることが大きなメリットです。

クリアブラケット

矯正装置が目立つことが気になる方へおすすめなのが、クリアブラケットです。メタルブラケットの機能性はそのままに、ブラケット部分を透明な素材にすることで、目立たない矯正治療が可能となります。

裏側矯正装置

通常の矯正装置が歯の表面に取りつけるのに対し、裏側矯正装置は歯の裏側(舌側)に取りつける装置です。人から矯正をしていることに気づかれることがほとんどありません。ただし、メタルブラケットなどと比べると、十分な効果が出るまでに多少時間がかかることがあります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを定期的に交換することで、歯の位置を理想的な方向へ導く矯正装置です。透明なので、つけていることがほとんどわかりません。また、食事やブラッシングの時は自分で取り外しできるので、お手入れも簡単です。

歯並びに関するお悩みなど、なんでもお気軽にご相談ください。
03-3505-5733

ページの上部に戻る