最近話題のインプラントとは~インプラント治療~

自分の歯で食べるような感覚がよみがえるインプラント治療

インプラントとは、歯科の分野では人工歯根のことを指します。歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込み、上部に天然歯のように美しい人工歯を装着します。人工歯根の素材は体が拒絶反応を起こしにくい、生体親和性の高い金属チタン。人工歯根が顎の骨としっかり結びつくことで、「自分の歯のような感覚がある」「噛む力がよみがえる」と注目を集めています。また、上部の人工歯にはセラミックなどの美しい素材を使うことで、治療したことがわからないほど自然な見た目となります。

インプラントは比較的新しい治療法ですが、その技術や方法は日々研究が重ねられ進歩し続けています。当院でも、常にインプラントに対する情報を取り込み、また研究・研鑽を続けています。インプラントに興味がある方、入れ歯ではない治療法をご希望の方は、ぜひ一度、当院へご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットは多くありますが、デメリットがないわけではありません。その特徴をよく知ったうえで、インプラント治療をご検討ください。

インプラントのメリット

  • 自分の歯のようにしっかり噛む力がよみがえり、硬いものも噛める
  • 噛む刺激が骨に直接伝わるため、顎が痩せにくい
  • 使用時の異物感や違和感がない
  • 周囲の歯を支えとしないので、負担にならない
  • 見た目に治療したことがわからないくらい自然で美しい
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない

インプラントのデメリット

  • 保険適用されない自費診療のため治療費が高額となる
  • 外科手術が必要となる
  • 全身疾患がある場合、治療が受けられない
  • 治療期間が3~6ヶ月と長い

より安全で確実に治療を行うために

インプラント治療は外科手術を必要とする治療ですので、診断にも処置にも慎重さが求められます。顎の骨の周辺には神経や血管が張り巡らされているため、インプラントの埋入時にそれらを傷つけないように気をつける必要があります。そのため、安全で確実なインプラント治療を行うには、正確な検査と、その結果から適切な治療法を導き出すことが欠かせません。

当院では、インプラント治療を失敗なく行うために、歯科用CTを導入しています。歯科用CTの特長は、レントゲンと異なり、立体画像として顎の骨の形状や厚み、骨量、歯や血管・神経の位置を正確に把握できること。そして、コンピュータ上で画像を再現し、さまざまなインプラント埋入のシミュレーションが行えること。その結果、最適な治療法を導き出すことで、安全かつ確実なインプラント治療を実現しているのです。

インプラント治療の流れ

  • 1)ご相談・カウンセリング・検査 インプラントについてご説明をしたうえで治療に際してのご希望をお聞きし、歯科用CTなどを使って検査を行います。

  • 2)治療計画の立案・インフォームドコンセント 検査結果から治療計画を立案し、患者様にご説明します。治療内容にご納得いただけたら治療に入ります。

  • 3)虫歯・歯周病の治療 虫歯や歯周病がある場合は、先にそちらの治療を行います。

  • 4)1次手術 局所麻酔を施した後、人工歯根を顎の骨に埋入する手術を行います。

  • 5)治癒期間 顎の骨と人工歯根が結合するのを待つ期間です。個人差はありますが、3~6ヶ月を目安にお考えください。

  • 6)連結部の装着 人工歯根と顎の骨が結合したら、歯ぐきを再度切開し、人工歯を取りつけるための連結部分を装着します。

  • 7)人工歯の装着 連結部周辺の歯周組織の回復を確認し、人工歯を取りつけて完成です。

  • 8)メインテナンス インプラント治療後はインプラント周囲炎にならないようメインテナンスを継続して受ける必要があります。

多くの方に選ばれる入れ歯治療

インプラントは治療費も高額になりますし、治療期間も長くなります。全身疾患をお持ちの方は外科手術が受けられないためにインプラントができないケースも少なくありません。そういった方におすすめなのが入れ歯治療です。入れ歯は歯型の採取のみで作製できるため体への負担も少ないのが特長。どなた様でも安心して治療を受けられます。

なお、入れ歯はお口にぴったり合ったものを作ることで、違和感なくお使いいただけます。当院では、患者様のライフスタイルに合わせた、快適な入れ歯作りをお手伝いします。新しく入れ歯を作る方はもちろん、現在お使いの入れ歯でお困りの方もどうぞお気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯にもメリット・デメリットがあります。ご自身が選択される時の参考にしてください。

入れ歯のメリット

  • 早ければ約1ヶ月でご自身のお口に合わせた入れ歯ができる
  • 保険が適用されるものは、比較的安価に作れる

入れ歯のデメリット

  • 保険のものだと、見た目に「入れ歯」とわかりやすい
  • 慣れるまでしっかり噛めないので、違和感を覚えることがある
  • 部分入れ歯の場合、金属のバネで周囲の歯を支えとするため負担がかかる
  • 使用を続けると合わなくなることがあるので調整や修復が必要となる
保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯は保険で作るものと自費で作るものがあり、金額だけでなく、大きく異なる部分があります。保険と自費の違いについてご説明します。

保険の入れ歯
自費の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)しか選べない 金属床やシリコン樹脂など、さまざまな素材の中からご自分に合ったものが選べる
使用感
  • 慣れるまで違和感がある
  • 硬いものが噛めない
  • 床が厚くなるため食べ物の温度を感じにくい
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 部分入れ歯の場合、金属バネが周囲の歯に負担となる
  • 自分のお口に合った素材・タイプの入れ歯にできるため使用感がいい
  • しっかり噛むことができる
  • 見た目にも目立たないものができる
  • 金属バネを使わない部分入れ歯が手に入る
金額 保険適用で安価 自費のため高額
作製期間 約1ヶ月で完成 比較的長期
修理・調整 壊れやすいが調整も簡単 壊れにくいが調整できないことがある

これらを参考に、ご自身の状況に合った治療法を検討してください。わからないことがあれば、当院が親身になって対応させていただきますので、なんでもおたずねください。

インプラントや入れ歯についてのご相談はお気軽に当院へどうぞ
市川デンタル赤坂オフィス 03-3505-5733

ページの上部に戻る