その銀歯気になりませんか?~審美歯科~

銀歯を白いものに交換すると、笑顔の印象がUPします

お口を開けて笑った時に見える虫歯治療の跡「銀歯」。保険治療では正面から見て目立たない部分に銀色の金属を使用しますが、白い歯並びの中ではどうしても目立ってしまうのが難点です。この銀歯の見た目が気になって、笑った時につい口元を手で覆ったりしていませんか? そんな歯の見た目のお悩みを解決するのが、審美歯科治療です。

  • 審美治療Before
  • 審美治療After

当院の審美歯科では、銀歯を白いセラミック素材にすることができます。透明感があふれ自然な白さにすることができますので、治療したことがほとんどわからないばかりか、笑顔に自信が持てるようになり、魅力UPを実感される方も少なくありません。もちろん、見た目のよさを実現すると同時に、咬み合わせにも配慮していますので、安心してお任せいただけます。

【セラミックにするとこんなメリットがあります】

セラミックとは陶製の素材のこと。色味を調整できることから、患者様の歯の色に自然と馴染み、かつ美しい白さが手に入ります。また、表面がツルツルしているため、銀歯よりも汚れの付着が少なく落としやすいのもメリット。耐久性が高く、劣化のない素材ですので、長期にわたって自然な美しさを維持できます。

銀歯の落とし穴「金属アレルギー」

金銀・パラジウム合金

銀歯に使用される金属は「金銀・パラジウム合金」といいます。この素材は、見た目に目立つだけでなく、金属アレルギーを招く存在であることが近年指摘されています。経年劣化やだ液などによって、金属イオンが溶け出し歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーを引き起こすことも。アクセサリーなどと違って、ご自分で簡単に取り外すわけにもいかないので、原因が銀歯であることに気づかれにくいのも特徴です。

メタルフリー治療がおすすめです

当院では、金属アレルギーの心配がある患者様に対し、金属性の素材を使わないメタルフリー治療をおすすめしています。もし、そういった心配がある方、興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

金属アレルギーのリスクを最低限に

従来の歯科医療においては、詰め物や被せ物に「銀歯」を用いるのが当たり前でした。
しかし銀歯は、長期間装着していることで唾液によって金属イオンが溶け出し、金属アレルギーを引き起こすことがあります。金属アレルギーは、皮膚の炎症やかゆみ、じんましんなどの症状の原因となります。もともとアレルギーがあることが分かっている方はもちろん、そうでない方も将来発症するリスクを避けるために、当院では銀歯以外の素材での治療をおすすめしています。

金属アレルギーのリスクの少ない素材

下記の表にあるような素材を用いた治療は保険適用外の「自費診療」となります。保険適用の治療に比べると費用は高くなりますが、将来の身体の健康をお考えの方はぜひご検討ください。

  金・白金 チタン セラミック
特徴 長期間、歯に装着していても、唾液で溶けにくい素材です。金属アレルギーのリスクもほとんどありません。 錆びにくく、高い強度を持つ素材です。生体親和性にすぐれ、金属アレルギーの心配もほとんどありません。 天然歯とほとんど変わらない見た目が特長の陶製の素材。金属アレルギーのリスクはありません。
用途
  • 詰め物
  • 被せ物
  • 入れ歯 など
  • 入れ歯
  • インプラント など
  • 詰め物
  • 被せ物
  • インプラント など

取り扱い素材紹介

オールセラミック
オールセラミック01
オールセラミック02
すべてがセラミック製の素材
メリット デメリット
天然歯のような透明感があり美しく、自然な仕上がりになる。メタルフリー素材。 硬すぎるため、咬み合う歯を傷つけることがある。他の素材と比較すると強度は多少落ちる。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック01
ハイブリッドセラミック02
セラミックに歯科用プラスチックを混ぜた素材
メリット デメリット
ほどよい弾力性があるため、咬み合う歯を傷めない。破損したときの修復が比較的簡単。メタルフリー素材。 使用時間とともに、すり減りが生じやすい。色調はオールセラミックに多少劣る。
ジルコニア
ジルコニア
人工ダイヤモンドとしても使われる高品質な素材
メリット デメリット
自然な見た目が手に入る。強度はセラミックの2~3倍。メタルフリー素材。 費用が高額になりがち。
ファイバーコア
ファイバーコア
根管治療で被せ物を入れる前に作る土台の芯
メリット デメリット
グラスファイバー製で柔軟性があり、歯の破折などの心配が少ない。メタルフリー素材。 特になし。

詰め物・被せ物ではなくご自分の天然歯そのものを白くしたいならホワイトニング!

ページの上部に戻る