歯を抜かずに治す方法~根管治療~

自分の歯の根っこを残す治療~根管治療~

進行した虫歯に対する治療に「根管治療」があります。一般的に「歯の神経を抜く・取る」といった表現をするこの治療は、ご自身の天然歯の根っこを残すためにとても大切な治療です。

根管治療がなぜ重要なのか?

神経には痛みを感じさせて危険を知らせるだけでなく、栄養補給や抵抗力を維持するといった役割があります。虫歯によって神経が死んだ歯は、これらの大切な機能が働かなくなり、次第にもろくなってしまいます。

また抜歯をすると、失った歯の機能回復のために、インプラントや入れ歯といった補綴(ほてつ)治療が必要となります。最近は高品質の技工物(人工歯・詰め物・被せ物)が登場していますが、これらはあくまで人工物。天然歯と同じような生きた機能は持っていません。歯を抜くことよりは、天然の歯の根っこを残すことの方が、周囲の歯の健康状態を維持するためにも大切になるのです。

精密な根管治療を行うために~マイクロスコープ~

根管内部は複雑な形状をしています。根管治療では、この内部をきれいに洗浄・消毒し、薬剤を詰める処置を行います。少しでも虫歯菌に汚染された組織が残ると、虫歯の再発や根尖病巣という「歯の根の中での化膿」が起きてしまうことも。しかし、根管内部は肉眼では確認できないほど狭くて暗いため、しっかり処置するためには精密さと正確さが要求されるのです。

根管治療はこれまで、歯科医師の技術力や経験がものをいう治療といっても過言ではありませんでした。肉眼では見えないものですから、基本的に「手探りの治療」だったのです。一方当院では、歯科医師の技術力に加え、高性能な機材を用いることで、より精度の高い根管治療を行っています。それがマイクロスコープです。マイクロスコープは、手術用顕微鏡のことで、光を当てながら最大約24倍にも拡大して患部を把握することができます。当院では、このマイクロスコープを活用することで、失敗のない丁寧で正確な根管治療を実現しています。

根管治療の流れ

1)根管内部の汚染された歯髄(神経や血管)をきれいに除去します。 2)根管内の形を整え、歯の根の先までの深さを計測します。 3)根管内部を拡大し、しっかりと洗浄・消毒を行います。
4)内部に薬剤を隙間なく充填し、密封します。 5)被せ物を装着するための土台(コア)を入れます。 6)上部に被せ物を装着し、咬み合わせの調整を行って完了です。

根管治療は、ご自身の歯の根を残すための大切な治療。しかし、正確さが求められるこの治療には時間も費用もかかることとなります。「虫歯かな?」と思った場合は根管治療が必要になるまで放置せず、痛みなどの症状があればお早めにご来院ください。

虫歯予防だけでなくお口全体の健康維持に役立つクリーニングがおすすめです

ページの上部に戻る