お子様の歯を守りましょう~小児歯科~|赤坂駅徒歩2分の歯科医院「市川デンタル赤坂オフィス」

小さなお子様の歯を守るのは親御さんと私たちの使命です

乳歯は虫歯に対する抵抗力が弱いため、虫歯にかかりやすく、一度虫歯になるとあっという間に進んでしまいます。乳歯が生え始める生後6ヶ月くらいから、歯を虫歯から守ってあげる必要があるのです。しかし、乳幼児期の小さなお子様が、歯を大切にすることを理解するには時間がかかります。ですから、親御さんやご家族の方がしっかりと歯を守る処置をしてあげながら、歯の大切さ、セルフケアの習慣を身につけさせてあげる必要があるのです。

そんな親御さんたちのサポートをするのが私たち、歯の専門家です。お子様の歯のことでお悩みでしたら、いつでもご相談ください。歯科医院への定期検診は乳歯が生え始めた頃からOKです。まずは、治療ではなく検診で歯医者さんの雰囲気に慣れることから始めましょう。

【歯医者嫌いが虫歯への一番の近道!?】

歯医者さんを嫌いになってしまうと、虫歯が進行する確率が高まります。ちょっとした異変を感じても通院が嫌で放置してしまうと、早期治療なら守ることができた歯を失ってしまうことにもなりかねません。お子様が将来、歯のことで困ることのないよう、セルフケアの徹底はもちろん、歯医者さんへ気楽に通える習慣をつけさせてあげましょう。

歯医者さんへそろそろ連れて行くべきかな?と思ったら、次のようなことを気にかけてみてください。

  • ご両親・ご家族のつらい治療経験などを話しておびえさせないでください。
  • 歯医者さんは歯を守るところ、大切なところ、ということを肯定的に教えてあげましょう。
  • ブラッシングを嫌がる時などに「歯医者さんへ連れて行く」とおどさないでください。
  • 虫歯ができてからの通院ではなく、健康なうちの定期検診で予防をしましょう。
  • 歯医者さんで治療をちゃんと受けられたら、しっかり褒めてあげましょう。

お子様のこんなクセに要注意

成長途中のお子様の歯や顎は、ちょっとした力が加わるだけで、その成長が誤った方向へ舵取りされてしまうことがあります。何気なくやっているお子様のクセが、その後の歯列の乱れなどにつながることもあります。気になるクセがあれば、やめるように促してあげましょう。

ほおづえ 指しゃぶり・タオルを噛む
唇や爪を噛む
口呼吸
頭の重さが、ほおづえをついている顎の関節にすべてのしかかり、歯並びや顎の発育に悪影響となります。顔や体の骨格まで歪んでしまうこともあります。 指を吸う力、ものを噛む力は、思った以上に大きな負荷となります。これが継続的になると、出っ歯や受け口などの不正咬合の原因となります。 口呼吸で口腔内が乾燥すると、だ液の分泌量が少なくなってしまうため、虫歯菌などの細菌が増殖しやすくなります。また、舌が下がってしまうことで、歯列の乱れにもつながります。
しっかり噛まない食事 舌のクセ
やわらかい食べ物や、しっかり噛まない食事ばかりが続くと、顎の発達を促すことができず、きちんと顎が発達しないと、将来、歯が並ぶスペースを確保できません。また、よく噛むことはだ液の分泌につながりますので、しっかり噛むようにしましょう。 舌で歯を押すようなクセや、口を開けたままで舌を出しているクセがあると、将来歯並びの乱れや発音への悪影響が考えられます。気がついたらやめさせてあげましょう。

当院の小児歯科メニューのご紹介

ブラッシング指導

お子様の年齢やお口の中の状態(生え変わり期など)に合わせて、適切な磨き方をご指導します。自分でしっかり磨けるようになる小学校中学年くらいまでは、親御さんの仕上げ磨きが必要ですので、そのコツもお教えします。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)で塞ぐことで、虫歯菌やプラークの侵入を防ぎます。次第に摩耗して削れていきますので、定期的に見せに来てください。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強化するフッ素を塗る処置です。生え始めの乳歯や永久歯に効果があります。歯科医院で定期的に濃度の高いフッ素を塗り、ご自宅でもフッ素入りのデンタルケア用品を併用すると予防効果が高まります。

小児矯正

成人の本格的な矯正が必要になる前に行う矯正治療です。小児矯正はそのほとんどが、顎の骨を広げて、歯がきちんと並ぶスペースを確保する「床矯正(しょうきょうせい)」となります。体の成長に合わせて顎の成長を促すことができるため、効率のよい矯正治療が行えます。

お子様の歯について分からないことや不安なことがありましたら、
お気軽にご相談ください。
03-3505-5733

ページの上部に戻る