虫歯は早めの対策を!~一般歯科~

歯の痛み・しみるといった症状があればお早めにご来院ください

歯の痛みやしみるといった症状……。お口の違和感を我慢したり、「なかったこと」にしたりしていませんか? 虫歯はプラーク(歯垢)の中に生息する虫歯菌が、食後のお口に残った糖分を栄養源として歯を溶かしていく病気。ごく初期であれば削らない治療で治ることもありますが、「痛い」「しみる」などの症状があるなら、どんどん歯が溶かされていると考えてよいでしょう。進行を止めるためには、削る治療で汚染された歯質を取り除く必要があります。

痛くなくなった虫歯の恐怖……

虫歯が進行すると、歯の大部分を溶かしてしまうばかりでなく、歯の内部の神経や血管が通った歯髄まで汚染されます。これを治療せずに放置すると神経が完全に死んでしまい、「痛みを感じなく」なります。しかし、痛みを感じなくなったからといって、虫歯が治ったわけではありません。虫歯は残っている部分でどんどん進行します。そして、歯の根の先まで達し歯根膜が化膿すると、それまでとは比較にならないほど激しい痛みが生じることがあるのです。

ここまで虫歯が進行すると、抜歯か根管治療をしなければなりません。抜歯は歯列全体のバランスを乱す原因となるため、できれば根管治療で対処できればいいのですが、歯の多くが失われてしまっていると、抜歯せざるを得なくなることも。抜歯で歯を失ってしまうことは、歯列や口腔内環境にとって大きなリスクとなります。できれば、ここまで虫歯が進行する前に、お早めに当院へご相談ください。

歯の健康維持のためには「再石灰化」が重要なポイント

歯の再石灰化(さいせっかいか)という言葉をご存知ですか? 虫歯菌の出す「酸」によって歯に含まれるカルシウムやリン酸が溶け出すことを、脱灰(だっかい)といいます。再石灰化は、だ液によって虫歯菌が出す「酸」が中和され、失われていたカルシウムやリン酸が歯に取り戻されることをいいます。

再石灰化

お口の中では、この脱灰と再石灰化が常に繰り返されています。しかし、このバランスが崩れ、脱灰の割合が増えると虫歯になってしまいます。そのため、再石灰化を促すことが虫歯を予防したり、くい止めたりするために重要となるのです。

どうすれば再石灰化を促せるの?

歯の再石灰化を促すものでは、「フッ素」がよく知られています。フッ素は歯質を強化する働きを持つ物質。当院では予防歯科のクリーニング小児歯科の予防措置としてフッ素塗布を取り入れています。

また、だ液を分泌し再石灰化を促すために、糖分が含まれないキシリトール入りのガムを噛むことなども効果的です。

【歯がしみるのは「知覚過敏」かもしれません】

虫歯ではないのに、「歯がしみる」という症状が出ることがあります。それが「知覚過敏(ちかくかびん)」です。知覚過敏は歯の表面のエナメル質が何らかの影響により薄くなっている時に起こります。エナメル質の下層の象牙質が露出することで、刺激が神経へ伝わりやすくなっているのです。その原因としては、歯ぎしり・強い噛みしめ・強いブラッシングなどが考えられ、医師の診断のうえで原因に合わせた治療を行う必要があります。いずれにせよ、知覚過敏が虫歯に発展する可能性も捨て切れませんので、歯がしみるようでしたらお早めにご相談ください。

治療が終わっても予防をしなければ再発してしまいます。くわしい予防方法はこちらから!

ページの上部に戻る